初めてリロケーションする方必見!口コミで評判のダーウィンが解説

株式会社ダーウィン

リロケーションといっても、事情は人それぞれ。お客様一人ひとりのライフスタイルに合わせたサービスの組み合わせが必要です。初めてで良くわからないこと、多くの方が不安に感じること、そんなお悩みを分かりやすく解説します。

気になるお役たちコラム! リロケーションについて 賃貸で貸し出す理由はなんですか? 良い人に借りて欲しい 貸したい物件の特性は? 適正価格で募集をしないと物件は決まらないってホント?

リロケーションについて

リロケーションは転勤などで留守になる自宅を一定期間に限定し賃貸するサービスです。
国内・海外を問わず転勤する方の管理を行います。
実際に通常の賃貸と何が違うのか1つずつ解説致します。

賃貸で貸し出す理由はなんですか?

転勤の間だけ、投資用として、数年間だけ様子をみたい、それぞれ理由がありますよね。 
目的に合わせ、また賃貸のニーズにマッチさせてポイントを押さえた方法を検討しましょう。
不動産会社の使命は、単純にいくらで貸せるか、いくら収益が上がるかを計算するのでは無く地域性・将来性・そして税金やさまざまな状況を勘案してご提案をすることです。是非、不動産会社の説明を聞いてみて下さい。

良い人に借りて欲しい

「室内を期日まで綺麗に使って退去してくれる人」
「出来れば、法人が社宅として借り上げて欲しい」
そんな希望は誰もがある事と思います。
現実にその希望が叶うのかを一つずつ検証してみましょう。

○「室内を期日まで綺麗に使って退去してくれる人」
室内を綺麗に使用してくれる人は、「女性で几帳面・回りに配慮ができて普通に暮らす人」そんなイメージをお持ちでではないでしょうか? 所有の建物は、そんな方が借りてくれる建物か?
また、貸出賃料が高くはないですか? そんな条件を考えていくと賃料が高いとファミリー向けとなり、この条件は厳しいかもしれません。

期日まで使用して退去する方は「使用する目的が決まっている」「とりあえず借りて考える」 そんな方ではないでしょうか? 普通賃貸借契約で、2年の更新数は 首都圏の場合50%以下というデータがあります(70 ㎡以下)。 さらに目的があり、この地区に住みたいという希望がある方も賃貸業界では、常識化しています。
ということは、「期日を決めての募集でも良い」ということになります。定期借家契約により、期日を決めて貸し出す方法がありますので物件の特性・地域による相違を教えてくれる不動産会社に相談してみましょう。

○「出来れば、法人が社宅として借り上げて欲しい」
「大手に勤めている人が良い」「法人が社宅として借り上げて欲しい」というのは少しハードルが高くなります。 部屋を借りる際には、何かしら理由があります。たとえば、「結婚するので」もしくは「家族が増えたので広いところに越したい」、「転勤で住宅を借りたい」、などそれぞれです。
特に、転勤での住居を探している方は、このニーズにマッチしてきます。但し、貸出方法や賃料等で条件が付いてきますので、それに合うかの見極めが必要になりますが、いい人の条件には当てはまることになります。

貸したい物件の特性は?

駅からの距離、築年数、建物の大きさ、貸出年数、外観等により賃貸での人気が異なります。
最終的には、賃料で比較をすることになりますので、適正価格での募集がベストとなります。
また、単純に隣の建物との比較というわけにもいかず、設備・グレートを勘案して不動産会社からの提案を聞いて下さい。 自分が貸したい額とどの位離れているのか? そんなことを確認してから募集を開始されることが大切です。

適正価格で募集をしないと物件は決まらないって?

賃料を高めで設定して下げていくという方法は、つい最近まで取られていましたが、今はズバリその価格で募集ができるかが、早期誘引の第一のポイントです。
物件もだぶついて来ていますし、不動産は全てタイミングです。一年中物件を探している人はいますが、転勤で探している人には、一年を通して波がありますので、その波にあたるようにする事が絶対条件です。

お問い合わせはこちら