• 基礎知識

海外に転勤が決定!管理会社に任せて大丈夫?

2019.08.01
Pocket

これからの時期は海外転勤の方が多くなる時です。以下のような事ですが意外と知っていそうで知らない方も大変に多くいるのも現実です。

サービス内容の提供が多くあるほどお客様は安心をして頂く事が出来ます。各社の査定の担当者の方でもわからない事もありますので調べて適切にアドバイスをしてくれる会社をご利用することで任せる事が可能になります。

海外赴任が決まりリロケーションサービスを利用する場合、管理会社との連絡が取りづらいなどと心配事がいくつかでてくることでしょう。
管理会社によりサービスが異なるようです。一般的なサポート体制を見てみましょう。

どういったリロケーション会社がいいの?

管理会社によって得意分野が異なります。賃貸物件を多く展開している会社、分譲物件に特化している会社、そしてリロケーションを専門にしている会社などです。

リロケーションの場合、通常の賃貸契約、管理とは少し趣が違うと言えるでしょう。

特に海外赴任の場合、そのサポートは多岐に渡るからです。リロケーションを利用する場合は、まずはリロケーションの実績が数多くある管理会社を選ぶことが重要です。

また迅速に対応をしてくれる管理会社であることも大切でしょう。前もって決まっている赴任であればいいですが、場合によっては辞令から1カ月ほどの間にあれこれ手続きを済ませて出国をしなくてはならない場合もあります。

家族みんなで赴任するとなると、なおさら時間には限りがあるでしょう。入居者決定まで一日でも早い方が助かります。それを実行するためには、管理会社のこれまでの実績、ノウハウがものをいうと言えます。

サービス、実績をトータル的に考慮して管理会社を選びましょう。

赴任のための関連サービス

管理会社によっては物件の委託管理のほかに、海外赴任に関する手続きの代行、家財道具や車の保管サービス、現地でのコンタクトデスクなどの海外赴任に関連するサービスを行っている場合もあります。各管理会社の特色を見極めましょう。ここでは一般的にどういったサービスがあるのか見てみます。

①手続きの代行サービス
家を貸して収入が得られた場合に、管理人の代行で確定申告を行い、源泉税の還付金が入るように手配をするサービス。

②海外赴任前の医療手配などのサービス
赴任前に行わなくてはならない健康診断や予防接種などを行うことができる医療機関の紹介などをしてくれるサービス。

③海外での物件探しサービス
赴任先で生活する家をあっせんしてくれるサービス。周辺環境や学校までの距離などを考慮して手配をしてくれる場合もある。

④引っ越しサービス
海外への引っ越しから車の輸送サービスなど。

⑤海外用の家電や携帯電話の相談サービス
海外で利用できる家電や携帯電話の販売、変換アダプターの紹介サービスなど。

⑥トランクルームサービス
海外に持っていくことができない大きな家財道具などを預かってくれるサービス。

⑦学校や教育に関するサービス
現地でのお子様の学校紹介、通信教育や各種学校の紹介などをしてくれるサービス。
海外で日本にいる時と変わらない生活をするためには専門家のアドバイスが大切です。自身に必要なものを確認し、利用できるサービスは賢く利用しましょう。

帰国後のサービス

帰国が早まった場合でも、それに柔軟に対応してくれるサービスもあるようです。

入居者と契約が残っていたり、入居者がなかなか退去しなかったりした場合、すぐに自宅に戻れないこともあるでしょう。その場合は一時的に賃貸物件に入らなくてはなりません。

そうなった場合、自社の賃貸物件をあっせんしてくれたり、また明け渡し通告から入居者が明け渡してくれるまでの期間、明渡保証をつけたりするサービスもあるようです。

赴任が延びてしまった時

もしも赴任期間が延びてしまった場合、柔軟に契約を延長してもらえることも重要です。賃貸契約が終わってしまったら計画していた収入が途絶えてしまいます。

また家の管理もできなくなってしまいます。契約期間の延長などについては、管理会社と賃貸借契約を結ぶ際によく確認しておきましょう。

管理会社によっては入居者決定後、何年か経過したら自動延長してくれるサービスなどを行っているようです。

住みよい海外生活のために

やはり日本と海外ではいろいろな面で違いがあることでしょう。何度も渡航している国だったり海外の生活に慣れていたりすれば、さほど心配することもないのかもしれませんが、突然見知らぬ国へ家族みんなで行くということになるとさまざまな不安も起きてきます。

リロケーションサービスを利用することで、そういったメンタルな部分までサポートしてくれる場合もあります。ホームページ上で賢い航空券の買い方や海外でのホテルやレンタカーの手配、外貨準備のコツなども公開していることがありますので、そういった情報も上手く共有して、充実した海外生活を楽しみたいものですね。

まとめ

なにかと心配事や不安が多い海外赴任。リロケーションサービスを利用することで、持ち家の賃貸管理だけではなく、現地へ行くまでのサポート、帰国してからのサポートまで受けられる場合があります。各会社の資料を取り寄せ、自身にあった管理会社を選んでみましょう。