• 基礎知識

貸すことは不利なのか?

2019.08.01
Pocket

需要や流れを見極めましょう!

賃貸として貸し出すには、建物をよく見せて、設備を充実させることが大切です。借主が借りやすい条件や使用しやすくすることが要求されます。

建物を所有し、維持管理をしながら自らの総所得とのバランスを見ていくことが賢いオーナーの姿と言えます。一時的なロスや投資に一喜一憂するのではなく、長い目で賃料という対価を計算していきましょう。

住宅ハウスメーカー等との提携を増やしている法人が多いと聞いています。昨今では敷金・礼金をなくした法人専用の貸出方法を打ち出しているところが数社ございますが、中々、都心での物件はマッチしないのが現状です。

いずれ物件が増えてきた際には、そのような貸出方法も視野に入れた新たなサービスを打ち出すことも検討していくことになると思われます。ただ、現況では心配ございません。