• お役立ち情報

リロケーションの相談や申し込みをするベストなタイミングは?

2020.06.07
Pocket

リロケーションをおすすめする理由は?

転勤などの理由で一時的に自宅を留守にする方が、その期間だけ自宅を賃貸住宅として人に貸し出す、いわゆるリロケーションを行う方が最近増えています。マイホームをわざわざ見知らぬ人に貸し出す理由は家賃収入を得るためだと思う方が多いかもしれません。しかし、リロケーションをおすすめする理由はそれだけではありません。

人が住んでいない家というのは、老朽化するスピードが早くなります。定期的に換気や通水をしなければ、湿気が溜まってカビが発生したり、水道管がさびて破損したりする可能性が高くなります。近くに親戚や信頼できる知人がいれば、定期的に家の様子を見に行ってもらうよう頼めるかもしれませんが、それもなかなか難しいのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがリロケーションです。人に住んでもらうだけでも、十分に家の劣化を防ぐことが可能です。もちろん家賃収入も得られますから、一石二鳥と言えます。

リロケーションは入居者が見つかりづらい

リロケーションは、一般的に家を貸し借りするときに結ぶ「普通借家契約」ではなく、「定期借家契約」という契約を結ぶことによって成立します。定期借家契約が普通借家契約と違うのは、契約期間に定めがあるという点です。

普通借家契約の場合、借主が希望すれば契約は原則更新しなければなりません。また、貸主の都合で、借主を退去させることもできません。一方定期借家契約は契約期間が満了すると、借主は基本的に退去しなければなりません。

貸主にとっては、「転勤から戻ってくるまで」という短い期間のみ自宅を貸し出せるため定期借家契約は便利ですが、借主の立場から考えてみるとどうでしょうか。もし、「もう少し長く住みたい」と思っても、契約が満了すれば退去せざるを得ません(ただし、貸主の合意があれば再契約も可能)。そうなると再び家探しをしなければならず、引っ越し費用もかかってしまいますよね。

定期借家はこのようなデメリットがあるため、家探しをしている人からは敬遠されがちなのです。つまり、自宅を定期借家として貸し出し、入居者募を募っても、すぐに見つかるとは限らないのです。

リロケーションを申し込むベストなタイミング

定期借家は入居者が見つかりにくいことはお分かりいただけたと思います。ですから、リロケーションを申し込むタイミングとしては、可能な限り早いほうが良いでしょう。自分たちが引っ越した後に入居者募集を始めても、入居者が決定するまでの間は事実上空家の状態が続いてしまいます。

室内にほこりが溜まっていたり、下水などのにおいが充満していたりする部屋では、内見に訪れる方の印象も悪くなってしまいます。なるべく自分たちが引っ越した直後から住んでもらえるよう、3か月前までには申し込むことをおすすめします。

入居者から見た、定期借家を借りるメリット

ここまで読んで、リロケーションは貸す側にしかメリットがないと感じた方もいるかもしれません。しかし、実際は借りる側にもメリットがあるのす。入居者が見つかりにくい定期借家では一般的に、相場より低い家賃設定をすることがほとんどです。つまり、グレードの高い家に相場より安い家賃で住めるということが、入居者にとっての一番のメリットと言えます。

貸主から見ると、低めの家賃を設定するくらいなら貸したくないと思う方もいるかもしれません。しかし上述した通り、大切なマイホームを空家として放置することは絶対にやめたほうが良いですし、そもそも投資目的の物件ではないため、安く貸したからと言って赤字になるわけではありません。

リロケーションに特化した不動産会社に依頼しよう

定期借家契約であっても、普通借家契約であっても、不動産会社のする仕事内容はそこまで大幅には変わりません。だからと言って、どの会社でも良いわけではありません。

すでに述べた通り、定期借家は原則として、契約期間が満了すると借主は退去しなければなりません。しかし中には退去を渋って居座るなど、定期借家ならではのトラブルが発生する場合もあります。

そのようなトラブルに見舞われたとき、リロケーションに特化した不動産会社であれば、入居者に対して適切な対処をしてくれたり、自宅に戻れない分の損害金を支払ってくれるなどの保証制度が用意されています。また、万が一予定より早く帰任した場合でも、敷金・礼金・仲介手数料無料で仮住まいを紹介してもらえるなど、リロケーションに特化した不動産会社ならではの手厚いサービスも受けることができます。

まとめ

転勤などの理由で一定の期間のみ自宅を人に貸し出したいという方のニーズに応えてくれる、リロケーション。普通借家に比べて入居者が見つかりにくいというデメリットもあるため、不動産会社への申し込みはなるべく早めにするようにしましょう。

申し込み先は、リロケーションに特化した不動産会社がおすすめ。リロケーションに対して豊富なノウハウを持っているので、帰任が早まったり、万が一入居者との間にトラブルが発生した場合でも安心です。